• ホーム
  • レビトラが効かない時もある?主な原因は?

レビトラが効かない時もある?主な原因は?

具合の悪い男性

薬は用量や用法を守って正しく服用しないと十分な効果が得られない事があり、場合によっては健康に悪影響を与えてしまう事もあります。
それはED治療薬のレビトラでも例外では無く、服用の仕方によってはせっかく服用しても十分な効果が出ない事もあるので注意が必要です。
それではレビトラを服用したにもかかわらずに十分な効果が得られなかった場合、どのような原因が考えられるのかというと、まず一つ目に考えられるのが食事の影響です。
レビトラは比較的食事の影響を受けにくいED治療薬として知られてはいるのですが、それをたまに誤解してどのように食事をしても大丈夫であるというように受け取る人がいます。
しかし、それは誤りであって食事をした場合は脂分が膜を形成して吸収を阻害する働きがあり、その効果によって薬の効果が薄れてしまう可能性があるのです。
レビトラの場合は薬が体に吸収されやすい性質をしているために食事による阻害作用を多少受けにくくなっているという話であり、最も円滑に薬の効果を引き出したいのであれば空腹時に服用するのが望ましいのです。
そしてレビトラを食後に服用する場合、それはあくまでも一定の制限で食事をした場合には影響が無いというデータがあるという話であり、脂っこい食事をしたり食事の量が多いとそれだけ吸収が阻害される可能性が高くなります。
二つ目に考えられる事は飲酒が原因として考えられます。
少量の飲酒であればリラックスさせる作用があるので性行為を円滑に行う上でも役立つのですが、飲酒もし過ぎると勃起を阻害してしまうので飲み過ぎには注意しなければならないのです。
レビトラが思ったように効果が無かったという場合は主にこの二つが原因として考えられるので、もしも心当たりがあるのであればこれらに注意するようにした方が良いです。

関連記事