• ホーム
  • 血流を良くしてくれる効果のあるお酒とレビトラ

血流を良くしてくれる効果のあるお酒とレビトラ

OKサインを出す男性

薬というと一般的にはお酒との併用をするべきではないとされているのですが、ED治療薬であるレビトラは「適量であればアルコールとの併用は問題ない」としています。
ではどうしてそうなっているのかというと、まず理由となるのはレビトラとアルコールには共に血管拡張の作用があるからです。
男性器が勃起するためには陰茎海綿体に対して十分な量の血液が流れ込むことが必要なのですが、EDを抱えている人の中にはこの血液量が確保できないために勃起が難しくなっているというケースもかなり多くあります。
そのためレビトラでまず薬による血管拡張を行い、それに加えてアルコールでも血管を拡張してやれば相乗効果によってより高い効果が期待できるようになるわけです。
また「アルコールには精神を安定させる作用がある」ことも大切なポイントです。
もちろんお酒が苦手な人だと逆効果になることもありますが、お酒が好きな人にとってみればお酒を飲むことには強いリラックス作用があります。
そのため性行為における緊張感をほぐして、よりスムーズに性行為に入れるという効果も期待できるようになるのです。
ただこうした効果はあくまでもお酒が飲みたいのであれば構わないといった程度のものに過ぎません。
基本的にはレビトラだけでも十分な効果が期待できるものですし、そもそもお酒を過剰に飲んで泥酔してしまったなどのことになると性行為どころでは無くなります。
そうなってしまってはせっかく服用したレビトラも意味が無くなってしまいますから、お酒を飲みたいと思わないのであればそれでも全く問題はありません。
またお酒は飲んでも良いにしてもおつまみに関しては別です。
特に油分の多い揚げ物などをおつまみにしてしまうとレビトラの吸収が阻害されることも考えられますから、この点もしっかり押さえておくようにしましょう。

関連記事